歯並びが悪いと・・・

  1. むし歯や歯槽膿漏になりやすい。
  2. よく噛めない。そのため胃腸障害が起こる。
  3. あごの成長、顔かたちにも影響する。
  4. 口もとが気になる。(コンプレックス)
  5. 発音しにくい。

  1. 初診              治療のあらましの説明
  2. 精密検査           レントゲン撮影、歯の型、歯や顔の撮影
  3. 診断(検査結果の説明)  治療方法、装置、期間、費用の説明
  4. 治療開始           説明を理解していただいた後に治療を開始します


上顎や下顎の位置や大きさの不調和が著しい場合には、外科的処置によって
上下の顎の位置関係やかみ合わせを改善します。



上顎の骨が前後的に大きい場合、あるいは大きさは普通でも
上顎の骨が頭の骨に対して前方に位置する場合生じる不正咬合です。



歯と顎の骨のバランスに問題がある場合に多くみられる不正咬合です。

歯を抜いて治療を行っています。